昼夜の温度差

お米は昼間光合成でデンプンを作り、夜間に穂に蓄えられます。 しかし夜の気温が高いとせっかく蓄えられたデンプンを消耗してしまいます。稲の登熟期(穂に実の入る時期)に昼の気温が高く夜の気温が低いことがお米の旨味に大変重要な要素となります。 飯南町や吉田町、仁多町などの奥出雲地方の水田は標高300~500mにあり、この好条件に恵まれています。

昼夜の温度差

ミネラル豊富な水

お米500~600kgを作るために、田起しから収穫するまでには、150tもの水を必要とすると言われています。たくさんの水を必要とするお米だからこそ、水は命なのです。奥出雲地方は面積の約9割を占める豊富な森林に覆われ、雪解けの花崗岩から湧き出るミネラルたっぷりの岩清水がおいしい米を育みます。

ミネラル豊富な水

特別栽培米

島根県のガイドラインに従って栽培した、減農薬のコシヒカリ。安心安全を追求しています。

特別栽培米